London -01-

2019.01.23

パリが本当にどうしようもなかったので(相性がよくなかった)早々に切り上げ、ロンドンに移動しました。

今回の旅の荷物たち。私物なので勿論売り物では無いのですが今暇なので自慢大会。

コートのメインはCrooked Tailor by handmadeよりYamato coat。これ大心酔中。理由としては自分によく似合うと思うから。単純な理由だけど。店頭入荷分は全て売約済みですが、3月くらいでしょうか。久しぶりのオーダー会をやります。なんとYamato coatのみで。
かつてカシミアで色違いで2色のコートをオーダーした猛者様がいまして、その時の上がりを見て感動したことをよく覚えていて、いつか自分もやってやろうと。普通のコート約2着分の生地量とのことですからもしかしたら桁がガコンといよいよ大台に乗る気配を感じていて今から死ぬのが楽しみで仕方ありません。他にカシミアより安価で好みの生地があれば喜んでそちらを選びますが。

パーカーはvintage。この秋から冬にかけて一体何着買ったのか分からない古いスエットのうちの一枚。基本的に縮んでいるものが多い中、これはけっこう大振りなのでちょっぴり珍しい。少し詳しい人なら誰でも認識できるくらいわかりやすくて偉そうなvintageもいいもんですよ。

古いHERMESのボストンは最近買いました。デイリーユース不可な巨大なトラベルバッグは需要が限られるため値段にお得感がありますね。ちゃんと使うのであれば。
旅行用トランクがどれもグズグズになってきたため買い替え時ということで考えたのが、今年からスーツケースを辞めて、ボストン一つで旅をしようということ。飛行機では手荷物ではなくまるで当然のように預けてしまうという夢いっぱいの使い方。自分、気にしてませんよ。本来こうやって使うものですよと言わんばかりにステッカーが貼られた未来の貫禄を想像したのも束の間、あまりの重たさに1万回くらい成田の時点で捨てようか悩みました。ブリュッセルからパリの移動でもいよいよ殺意が湧いてきたためとうとう昨日RIMOWAに行ってスーツケースを買うというダメっぷり。二度と出番はないと思いますこれ。超勿体無いですけど。ちなみにRIMOWATENBOXPiguさんとお揃いです。

靴は現John Lobbの職人によるプライベートレーベル、TAKAYUKI HASHIMOTO。かれこれ1年以上付き合っている編み上げを持参。ご存知のように燃える値段ではありますが、まるでLeicaROLEXのときと同じような、大変なモノを手に入れてしまったなオイというファッションとはまた異なる種類の高揚感がありますね。こういう絶対的あるじのお陰なのか、衣類に関しては軽くそして良くも悪くも変にこねくり回して考えなくなりました。
旅行の前日に磨いてもらった際、久しぶりにhalf giltな艶感で、ポリッシュは最低限に抑えた大人なメイクアップ。やはりこれくらいの方がデニムにというかそもそも自身のスタイルには合いますね。でもモノとしての煌びやかさで言ったらやはりフルグロスでしょう。自分をとるかモノをとるか。贅沢な悩みです。

説明不要。マイトレジャーズ。ensouのカンカンは多分この春第二弾でますね。早く作って欲しい。

AMY MOSS gold and platinum。服を何も邪魔しない、もう肌の一部。ゴールドに関しては高かったけどもう元を取った気がする。四六時中つけてるから。
いつかこういうものだけを鞄に詰めて、全国津々浦々と行商に行きたいですね。

 22 Jan at London

The Crooked Tailor by handmade Yamato coat
TENBOX Flasher coat
BURBERRY fake stole
ACCALMIE Kinchaku with ensou silver badge
Bowery Blue Makers 12oz denim trouser
TAKAYUKI HASHIMOTO Leather boots

These are my everything