Paris -01-

2019.01.19

ブリュッセル経由で無事パリ入りしました。
ちょうどこのタイミングはファッションウィークということもあって、様々なブランドが次の秋冬のラインナップを発表しています。

ご存知のように、普段の買い付けの仕方とは全く異なりますから、ゆかりがなくなってしまった世界ではあるけど、あぁファッションの仕事ってこうだったよねって久しぶりに違う意味で燃えたかな。一瞬だけだけど。10年以上お付き合いいただいてる先輩にANNのランウェイに誘われた。VETEMENTS以来です、ランウェイは。

興味深かったのは来場者のファッション。バレンシアガやバーバリーなど、ブランドもそうですがシルエットなども含めとことんナウな人たちが多い中、頑なにダークナイトからブレない人々が一定数いたことですね。
所詮趣味の世界ですから、自分さえOKだったらALL OKではあるとはいえ、これだけ状況や情報が進化そして変化していく中でも決して浮気をしない姿勢はすげーなと。

しかし、半年以上先のものを買い付けるというのは難しいですよね。数年前までは洋服は洋服として独立された世界で流行が変化するためまだ予測はしやすかったと思うけど、今は本当にいろんな要素が絡み合って結果的に予期せぬムーブが生まれるわけですし、もっと言えばそれは洋服主導ではないですからね。本気でバイヤーの真価が問われる時代だなと。

ちなみに内容は好きでした、普通に。自分は似合わないから着れないけども。
っていうかこの流れは来てもおかしくないんじゃないでしょうか。いや嘘、わかんないわかんない。でも少し前にIF SIX WAS NINEの昔のコレクションをネットで見てて、姿形は変わるけどこのエッセンスは次面白そうだなって見てたから、なんとなくそこと照らし合わせておぉやっぱりって思えたのが嬉しかった。
胸元から少しだけ見えるグレーがお気に入りです。