LONDON -04-

2018.11.06

やー、すっかり冬ですなぁ。この時期のロンドンは本当に贅沢。なんか、かっこいい。今日はサビルロウで散歩。テーラーとかそっち系ではなくて、すみません、VINTAGE ROLEXのリサーチです。
しかしまぁ無いですね。お客さんから「何か良いのあったら買ってきて」と言われていたから、探したは探しましたが無いです。良いのは高すぎるし、相場なものがあってもどこかがおかしい。よって収穫はなし。
すぐ近くにはオークションハウス”クリスティーズ”が。10年以上前ですがマンモス、競売にかけていたみたいです。

エスティメイトはご覧の通り。ハンマープライスはそれを大きく上回っていますが一体誰が買うんでしょうか。あ、自然史博物館とかそっちなのかな。にしてもすげー。

クリスティーズ近くで和食屋さんを探しているとオヤ。おやおや?

でた。ここですよね。ビスポークしか受けていない方の、いまだ家族経営の方のJOHN LOBB。通称ロブロンドン。

現在アジアを中心に”職人的”な製作スタイルが盛り上がりを見せているためか、ここサビルロウでは数年前に比べてだいぶ華やかな客入りを感じましたし、結構コマーシャルを意識した店構えも目立ちました。(映画キングスメンのワンシーンの写真とか飾られていましたし)
しかしこのロブロンドンはそこに媚びていないというか、その気配を全く感じさせない、この貫いてまっせ感。

なんだろう、枯れていて、重々しい。お客、いないし。
すぐ近くにあったHERMES資本の方のJOHN LOBBと、とてもじゃないけど同じブランドには見えないほど、ベクトルの違いを感じたな。どっちが最強、という話ではなく。
ずらりと並べられた過去のアーカイヴを見ていると「何かお探しですか?」とセールスマン兼職人さんみたいな人に話しかけられた。「や、自分橋本さんの知り合いなんすよ」とは言えずすぐに帰ったよね。なんか怖かった。

タカハシ、すごいな。ここの人なんだもんな。すごい。

と、高まってきたところでご紹介しましょうかね。この新ブランドである”LEVER”を。
また明日。