TAKAYUKI HASHIMOTO

2018.10.23

John Lobbにてビスポークオーダーされた靴を製作する日本人靴職人、TAKAYUKI HASHIMOTO。
今日もイギリスにて注文を受けたそれは、海を越えて日本の彼の手元に届く。時間をかけて逸品に仕上げられたそれはまたイギリスへと送り返され、主人へと贈呈される。

現John Lobbの職人が、本家の仕事の合間に製作するプライベートプロダクト、”TAKAYUKI HASHIMOTO”が到着しました。
まずこちらは元ネタ。
14年前に元John LobbのヘッドラストメーカーであるJason氏(師匠)からトライアルキットとして譲り受けたパーツを組み上げて製作した編上靴。14年経った今でも現役であり、そして彼にとって唯一の”ちゃんとした靴”なのだそう。
写真からでも十分伝わる、この枯れた威圧感。

そしてそれを見本とし、今彼が知る最高の素材とそして技術により復刻させたのがこちら。

Have nothing to say…
何も言えないというか、コレを言葉で表現することが出来ません。絶対的王者感、とだけ。


既に持っている方は感じたはずですが、歩行時のあのジャキジャキ音ね(スチールの音ではない)。ここまでも裏切らないのね、と。

ヒールに関しては以前よりも良い出来栄えで満足しているそうです。まぁ私なんかが見たところでその差は分かりませんが。
個人的にはそこよりもここ。

English grainの型押しが、前回に比べよりおもちゃっぽく凹凸が入っているなと。
チーズィーな方が完成度や雰囲気が増すという、変な感じですが事実です。

お値段はお察しください。
しかしTAKAYUKI HASHIMOTOやACCALMIEがあるともうなんでしょうね、嫌でも服を削り落とさないと、そして価値を下げないと、帳尻が合いませんから、考えようによってはリーズナブルなことなのかもしれませんよ(死)

お問い合わせはこちらまで。atelier.ishizaki@gmail.com

SOLD