2本のコート

2018.10.13

昨夜はウォッチコレクターのFさんと会って情報交換みたいなことをしました。最近は高いしルールもギチギチだし、買えるものも減りましたねえ、と。

で、そういえば古くからの知り合いでビスポークスーツを作っている人がいるから呼んでいい?と。

すごく変わった人だったなあ。どこかで修行していたというようなキャリアは無く、全くの独学で習得したという。そしていわゆる名門でのビスポークでも納得のいかないその道の変態さんからの注文を受けているんだって。

履歴書無しでそれはすごい。このあと深夜にも関わらず彼の自宅に行くことに。

色々サンプルというか自分用に過去製作したアイテムを見せてもらったんだけど、このトレンチコートが一番好みに近かった。カシミアひゃく。ちょっとくせのあるポケットのデザインもガチャついてて格好良かったの。

値段を聞くと指でピースマークをつくり「2本だよ」と。20じゃないほうの2本ということです。絶句。

どうしてこういうことになってしまうのか、ちゃんと説明をしてくれたんだけど、12割理解できなかった。私のようにツラ重視でモノを測る価値観だけではクリアできないことだらけ。

いつかね、お互いが良い塩梅まで歩み寄れたら、そのときは何かやりたいですね。