ensou

2018.06.14

ensouより久しぶりにribbon shirtが入荷しました。

2014年デビュー当時の代表作として、古くからのお客さんの間では人気の高いリボンシャツ。
これまでに数度、復刻版として出ていますが、今作はもはや新型と言ってしまってよいのかな。
ボクシーで、Fatなシルエット。

ensou Box ribbon shirt
・100% cotton
・Black ribbon
・M , L
・JPY49,680-(intax)

過去に使用していたような、ナヨッとしていて下にスッと落ちる生地と比べると、真逆とは言わないがパシッとした張りを感じますね。そして立体感というか陰影がね、あると思う。

サイズについては言い表しにくいのですが、横の幅に関してはかなりかなりゆとりがあり、そこはMとLでは体感としては大きな変化はないはず。丈がLの方がやや長いイメージ。
とにかく、大きめ。というかデブめ。
ensou Box ribbon shirt
・100% cotton
・White ribbon
・M , L
・JPY49,680-(intax)

黒リボンと白リボンとでは、リボンをとめるための(基本的には使用しません)パーツも異なるため、見え方にやはり違いを感じますよね。
これはもう好みかなと。腕もたっぷりボリュームあり。多少ロールすると裾のみキュッとテーパー感が出てさらにブサイクで好き。

というか生地感、写真からでも伝わるほど良さそうでしょう?
これは書こうか迷ったけど一応お伝えしておくと、トーマスメイソンを長いことタンブラーかけてるんですよね。普通はこの手の生地には勿体無い感じがするからやらないことだと思うんだけど、プクッとした立体感を出すために試みたそうです。
それでもシャイニーかつキリッとしていて、とにかく背筋が伸びる感じが気持ち良いよ。

Printed on the ribbon.
“555”とは、アメリカが映画の世界のために振り分けた市外局番。
ちなみに今作ではFight clubより石鹸の行商人、タイラー・ダーデンの電話番号が使用されています。
「これは洋服を作りながらも矛盾はしているが、反省と皮肉を込めた私からのメッセージです」とはデザイナーのお言葉。

ご紹介は以上です。16(土)17(日)で店頭にてリリースします。
南青山6-3-14サントロペ南青山301
通信販売も承っておりますのでご希望の方はメールを送ってください。
atelier.ishizaki@gmail.com