New watches

2017.10.20

名作”1016″の生産終了後、よりモダンなデザインへと進化を遂げた冒険家のための腕時計。1990年代の代表作ROLEX Ref.14270。
中でも1995年頃までの仕様であるトリチウム夜光タイプのみセレクトしてみました。
明日(土)よりリリースします。


Left / 1994s EXPLORER + HERMES strap 
SOLD

Right / 1991s EXPLORER + HERMES strap  
SOLD

探すと中々見つからない、オリジナルコンディションを保った前期の14270。
というのも、当時のダイヤル塗料とトリチウムの相性が悪いのか何なのか、ダイヤルがクラックしたり、プツプツと火傷のような経年劣化することが多かったんですよね。
95年頃からは夜光塗料がルミノバに変更となり解決はされましたが、いわゆる、夜光が焼けない仕様となるわけです。
もちろん当時は不良品とまではいかなくとも、決して気持ちよくはないダイヤルのエイジング具合から、ROLEX社にて新しいルミノバのダイヤルへと交換するユーザーが一般的だったわけです。
なのでダイヤル交換のない当時モノの14270前期は少ないという。


後世へと牽引するモダンなデザインに対して、ややクリーム調に焼けたインデックスと3針。
先にも後にもないモダンかつヴィンテージな雰囲気はこの年代の特権ですね。

で、付属のHERMES strap。もちろんシングルバックルブレス(年式も合ってます)は付属するけど、
これ反則的に格好良くないですか?
尾錠まで勿論HERMESで揃えてみました。

先ほどインスタグラムにアップしたところ早くもお問い合わせがございます。
気になる方はお早めにご連絡ください。
atelier.ishizaki@gmail.com