ROLEX Ref.1016

2017.05.24

今週リリースするアイテムを何回かに分けてご紹介しますね。
まずは今後少しづつにはなりますが正式にセレクトを開始するVINTAGE ROLEXより、Forever Standardでお馴染みRef.1016をご紹介します。


VINTAGE ROLEX 
ref / 1016 EXPLORER
year / 1966s end of Mirror dial
price / SOLD

作今のVintage Rolexの人気は凄まじく、これまで洋服一辺倒だった方々も気になり始めているモノなのではないでしょうか。
骨董的価値が将来も安定していることから、リセール可能という点でも、今の時代の的を得ているジャンルだなと、腑に落ちますよね。

しかし年々マニアの間で研究が進み、以前に比べ”価値”のハードルが何段も高くなっているという事実。
そのため、パーツのオリジナリティやコンディションが整った個体であることがひとつ、所有する上で大きなポイントになってきています。

今回ご紹介する1016は、文句のつけようがない、恐ろしいコンディションの逸品です。
画像からでは判断が厳しいのですが、文字盤の傷みはおろか傷ひとつなく、夜光も焼けが全くと言っていいほどないVery Mintな表情。
これまで様々なEX1を見てきたつもりですが、ここまでのコンディションは初ですね。

そもそもミラーダイヤルは後年のマット仕上げに比べ、夜光塗料が原因による傷みが発生しやすく、
半世紀以上経った今ではガサガサな質感に経年変化してしまうような個体も珍しくありません。
もちろんこれまでのオーナーによる使用環境下も大きく影響しますが。

1966年はミラーからマットへと移行するyearでもあり、この個体は最後期のミラーダイヤルなわけですね。
私の経験上65~66年のミラーは比較的良コンデションをキープしているダイヤルが見つかりやすいイメージですが、
この個体のレベルのモノはこの先まず出てこないと思って良いはずです。
大変美しいです。

気になる方はご連絡ください。
atelier.ishizaki@gmail.com