LOS ANGELES -03-

2017.04.22

今回のLAでは買い付けというより打ち合わせがメインのため、こういうことしてますよって内容が企画段階すぎてお伝え出来ず残念。
でもアホなこと考えてますから、そのときがきたら腹抱えて笑ってほしいな。


cardigan / agnès b.
shirt jacket / ensou
vest / ensou
denim / TWONESS
shoes / Le Yucca’s
silver and gold / AMY MOSS

ドライビングシューズにFIVE O ONE、肩からアニエス。もう全て終わった人がするやつ。だから裸にVESTとか、衝撃的なことがいとも簡単にアリになるというか。

昨日も書いたけど、一生懸命ディテールデザインを詰めたり、製作ストーリーが披露できる服であったり、
とにかく奇をてらうことが好きな服好きにはオススメではないのですが、
今はこういうことに私自身とても夢中なんです。

これまでの反動からか、なんか毒が物足りない感じがしたから、ほんとは苦手なベルトをつけたりと腰回りだけ多少うるさめに。

フラッシャー全部盛りの尻。
これまでだったら「バカやってて最高だぜ」ってアホ格好良いと感じていたと思うんだけど、
着方ひとつでというか、心意気ひとつで芸術的側面が素直に前に出て見えるなと。気持ち良いです。

AMYはデザイナー自身がもともとそっちでしたから、よりジュエル感だったり謎のメゾン感がでますね。
IDブレスたるものが新たに出るんだけど、ミリっぽさ0っていう。

ベストはシャツ地ということもあって素肌でもキモくならない。そして猛烈にイケてる。
カーディガンはアニエスベー。
アイテムやルックだけで見たら1997年頃なんだけど、今やけに垢抜けて見えてお気に入り。

アニエスひとつとっても、より本質を楽しむためにoldで探そうって考えてしまいがちな我々。
でもそういう些細なひねりすら体が受け付けてないんですよね、今。現行がcoolですよ。

あと楽しみにしていたTWONESSのバンダナは現在NYにて製作中。
GWに間に合うかは分からないのだけど、もし時間が空いたらNYまでとりに行ってきますね。