TRUNK SHOW Mini

2016.11.30

12月3日(土)に大阪にて1日だけですがトランクショーを開催します。
Mole & Hosoi Coffees
12/3(土)12:00 – 19:00

大阪市中央区伏見町3-3-3 芝川ビルB1F
(地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」13番出口 東へ徒歩1分)
06-6232-3616

私的な用事の合間に開催するため、今回持っていくアイテムは少ないです。
気になる方は是非お立ち寄りください。
本日は、先週フライングで数着リリースしましたカーディガンをご紹介します。
L9992581.jpg
Unplugged Cardigan 1992
material / 100% Silk in 100% Mohair
color / Camel
size / one size only
price / ¥99,360-(in tax)

L9992565.jpg
Unplugged Cardigan 1992
material / 100% Silk in 100% Mohair
color / Grape
size / one size only
price / ¥99,360-(in tax)

先日ご紹介しましたように、本来ナイロン糸をモヘアでコーティングするところ、
ナイロンをSilk100に変えて製作した少々頭が沸いてるニット。
通常のモヘアに比べしっとりと毛が暴れることなく上品な面になり、
さらにチクチクせず肌にも優しいタッチになりました。
が、それにするためにかかったアップチャージが凄まじすぎた。
これでもプライスはかなり抑えているのですが、それでも高いなと。正直な感想です。
L9992567.jpg
フロント、ネック裏、肘。ストレスがかかりそうな部分には穴。
実はこの穴、完成後に破ったわけではなく、なんと編みながら意図的に穴を作っているんです。
なのでほつれにくいんじゃないでしょうか。
このテクニックは1980年代に流行したそうですよ。
ちなみにボタンはアンティーク。大きさもまちまちですから、
それに合わせてホールもひとつひとつ調整されています。
L9992587.jpg
Unplugged Liveってコンセプトには違いないのですが、
穴をケミカルカラーの糸でかがっていたり、コアはLONDON PUNKってのが狙いです。
昔あった”BOY LONDON”とか”SEX”とか、ああいうアナーキーなノリ。
でもそういうデストロイな仕上げってのは加減を間違えた途端、竹下通りまで引きづり降ろされますからね。
そういうリアルクラッシュを避けるため、今回製作場所に選んだのは”ユーモレスク”。
モノに徹底的に繊細さを与えてくれる、とにかく丁寧なデザイナーと確かな生産背景が、こういうチーズィーなアイテムには必要だと判断したためです。
※通信販売も承っております。気になる方は下記までメールを送ってください。
atelier.ishizaki@gmail.com