セルフorプロ

2016.10.24

これまでアテリエでセレクトしてきました靴の全ては、
履きこむことで、そしてケアし続けることで、
唯一無二の佇まいになることが大きな魅力です。
革の種類やカラー毎に異なるクリームやブラシを変えてみたり、
自分なりに工夫することがまた楽しかったりしますからね。
その瞬間もまた靴との付き合い方であり、
ライフを共に歩む相棒として、愛が湧く。
というのがこれまで私の靴に対してのマナーでした。が、

最近、専門店で磨いてもらうことを覚えちまったっていう。これ無敵ですわ。
今までの時間は何だったんですかね。
夜な夜なひとりで靴を磨くとか、さみーさみー。
今日も「もう二度と自分で磨くことはねーぜ」とホットコーヒー片手に踏ん反り返りながら、
女子に磨かれるユッカスを眺めること40分。
「シャイニングisジャスティス。かまへんかまへん、圧倒的に光らせたってや」と、
いつもよりモアシャイニングでオーダーしたせいか、
ペッカペカにwaxされたレユッカスを渡されました。
あー。これはアレだ。LEONだ。
ジローラモ化したユッカスは早速vintageジーパンをゴミクズに成り下げ、
アポロジャケットを遊び上手なイタリア紳士ブランドへと成り上げた。
あかん。趣旨が変わってもーた。
今はただただ雨の日が待ち遠しいですね。
そして、ユッカスのように型にハマらない雰囲気をキープさせるにはセルフが一番かと。
コントロールできますからね。
しかし専門店でのプロによるケアも最高なので、是非一度お試しください。