雑記

2020.11.28

これまでのセレクトショップとしての形態を辞め、ギャラリーとしての新たな一歩を踏み出し中。しかし参りました、既にもうしんどい。しんどいというか、ムズい。好きなものを好きなタイミングで買い付ける、というスピード感もこれまで持ち味のひとつではありましたが、予定ではすべてがエキシビジョンのスタイルになるので、なかなかそれができない。

大変なことになってきたなぁと思う反面、ちゃんと振り返ってみると、昔はそれくらいの苦労は普通にあったんですよね。今はスタンダードになった感じがする別注品とかも、当時はそこまでデザイナーを口説くのが大変でした。当時はかっこいいことをやりたいというより、どうやったらバッティングやミニマムの影響を受けずに、ある意味大きいお店と対等にまで持っていけるんだろう、というような閃きや工夫が必要でした。でもそういう側面では今はだいぶやり易くなった、というか間違いが起こりづらくなったような。わざわざまた難しいことを考える必要なんて無いんでしょうけど、これがあってまた自由度の高い形式に戻った時に一味違う感じが出れば良いなと。

この物件、良かった。新築で窓が大きい。景色も抜けてる。そしてこんなご時世価格というあれで30%くらいレントフィーが安い。しかしお隣さんが若い子向けの古着屋さんのようで、ヒップホップっぽい店員さんがいた。やめた。

空きテナントを見ていて思うんですけど、広いから高いとか、狭いから安いとか、もう価値基準はそこじゃない気がしてます。狭くても変な立地でも、空気感に魅力があれば高くなる、そういう時代がきたら面白いなと思いました。でも僕は借りる側なので結局高いと困るのですが。

VIEW ALL