Bowery Blue Makers

2019.04.19
New Product

2010年代、再びvintage denimがブームとなり、バイヤーもユーザーも大きな”E”やまだ価値が確立されいない隙間を狙ったマニア好みなリファレンスを探すまでにマーケットが盛り上がったように思います。
そしてなんとなくひと段落を感じる今、じゃあ次はなんでしょうと考えた時に、このメーカーはきっとアンサーの基準を満たしているのではないでしょうか。

いわゆるファッション的な少々ふわっとした価値観とは異なる、まるで時計や靴やテーラーのような、重たさと言いますか。このご時世、どんなものでも工夫すれば簡単に良いモノすごいモノに化けてしまう、要は誰でもカリスマ風は作れてしまうわけですが、流石にここまでのプロダクトとなると(詳しくは約1年前の記事を見てください)、その人間に流れる何かが普通とはかけ離れた病的なポテンシャルが必要とされます。
ただ決して病的だから格好良いということが言いたいのではなく、絶対にそこにはフィクションが無いという、全ては珍しいまでの信頼感だと思っています。

Bowery Blue Makers
1909s singer #31-xx , 1926s singer #44-xx , circa 1900s singer #22wxx , circa 1900s singer #22wxx , 1926s singer #81xx , 1935s singer #69-sv-xx , 1935s singer #147-xx , REECE 101 , 1950’s Union Special 43200G
・12oz
・add vintage buckle
・add suspender buttons
・W34L32 , W36L32 , W38L32 , W40L30
・W34W36 JPY77,000-(intax) , W38W40 JPY85,000-(intax)

今回の買い付けはこれまでと趣旨を変えて大きいサイズを中心にオーダーしてみました。2本目はちょっと自身のコンセプトを変えてみたいな、という方に是非。
明日(土)は12時から19時までお店を開けます。見に来てください。
通信販売をご希望の方はメールでお願いいたします。
atelier.ishizaki@gmail.com

SOLD

 

 

MORE